« 二次補正予算は来年の通常国会へ | トップページ | 日本人の活字離れ »

「ギネス」輸入販売 サッポロからキリンへ

英国黒ビールの代名詞ともいえる「ギネス」の輸入代理店が変更になるようです。
日本の黒ビールと言えばアサヒの黒生が頭に浮かぶ私ですが、やっぱり喉越しなどはギネスには敵いません。
あまりビールは飲みませんが、常に冷蔵庫には「ギネス」のストックが入ってるくらいですし。
なんと言うか、ずしっと「重い」んですね。
その独特の喉越しから女性なんかは嫌いな人も多いかもしれませんが。

で、「ギネス」と同じくらい好きなのがバス社のペールエールなのですが、こちらは全くといっていいほど流通しているのが見かけられません。
パブなんかへ行けば飲むことも出来るのですが、普通に家庭消費用としては殆ど(まったく?)見ないんです。
アサヒさーん、ビンだけじゃなく缶物でも発売してくださーい。

|

« 二次補正予算は来年の通常国会へ | トップページ | 日本人の活字離れ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176182/25676751

この記事へのトラックバック一覧です: 「ギネス」輸入販売 サッポロからキリンへ:

« 二次補正予算は来年の通常国会へ | トップページ | 日本人の活字離れ »