« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

怪現象

数日前からMyPCが突然ネットに接続できなくなり大弱りです。
LANも生きてる。ルータも生きてる。
なのに何故に「リモートコンピュータが応答しません」?

毎度毎度親父のパソから接続するのも面倒ながら、それ以外よい方法も思いつかず…
どうすればいいんだー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

護衛艦 ソマリアへ派遣?

総理がソマリア沖への護衛艦派遣を検討している模様です。
数日前に派遣を表明した中国に刺激されたのかとも思われますが、シーレーン防衛と国際貢献を主任務とする自衛隊としては非常に良いのではないかと思われます。
現行法では日本船以外は守れないというジレンマがありますが、この辺りは上手いことして欲しいものです。

今まで原則「非戦地(笑)」への派遣が原則であった自衛隊ですが、今回は海賊という(貧弱ながら)武力集団を対象とした「戦地」への派遣です。
実際に武器を使うケースも出てくるかもしれません。
そうなると、国際貢献兼初の実戦も経験できる(あくまで経験が大事であって、戦争を是とはしていないので勘違いしないように)わけで、自衛隊としても非常に有意義なのではないでしょうか。
なんだかようやく日本もまともな戦力運用が出来るような時代になってきたようで、非常に嬉しいニュースですね。
今回は国連決議もあるので、口を開けば国連国連とウルサイ小澤さんも反対できないでしょうし、実現の可能性は高いので無いかと思われます。

というか、これでもし小澤さんが文句言い出したらどうしましょ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国海軍と空母

中国海軍が空母取得を目指していることは周辺諸国すべからく知っていたわけですが、遂に中国当局が空母保有の意思を明示したそうです。
今まで国力に比して脆弱な海軍力しか持っていなかった中国海軍ですから、空母を保有すること自体はそう不思議ではありません。
国力的には数段劣るタイでも空母を保有しているくらいですから。

ただし、ミリタリーバランス的に中国が空母を保有するという意味合いは非常に大きくなります。
中国は国力の進展に伴い覇権志向が強まっております。
長大な海岸線とシーレーン(日本と同じく資源輸入大国です)を抱えている国が空母を持ちたいと理屈の上ではもっともなことを言っていますが、空母建造の暁には西太平洋の管理を中国に任せろなどとアメリカに提案したという話も伝わっています。
アメリカの軍事力一国突出が良いわけではありませんが、外洋志向が強まる中国が中国が空母を持つことは、中国と領土問題を抱える日本としてはなかなか心配なところがあります。
と言うか、中国の言う「国力に見合った国防力とその象徴空母」の理屈で言うと、日本が空母を持っても文句無いんですよね、中国さん?

実際、隣国も軽空母として使える(らしい)強襲揚陸艦を建造してみたりと日本を取り巻く軍事環境はかなり変化してきております。
専守防衛が国是だからこそ、相手が軽視するような軍事力では困ります。
現在の予算や兵員数では困難なことはわかってはいますが、それでも日本にも空母の保有を検討してもらいたいものです。
莫大な維持費や建造費がかかる(戦力として機能させるには修理・任地・移動中のローテーションをまわす為に最低3隻は必要とされる)ことは問題ですが、持たなかったことで侵略を引き起こした日には維持費や建造費を遥かに凌駕する大損害が発生しますからね。

10年後極東のパワーバランスはどうなっているんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国 驚愕の食文化(?) 客の食べ残し 使いまわしは当たり前

トヨタの赤字転落が凄い!という内容の記事を書こうと思ったのですが、それよりももっと恐ろしい記事を発見してしまったので、そちらを紹介。
ソースは読売新聞から。
残飯使い回しと言えば吉兆が記憶に新しいですが、お隣さんでは日常茶飯事!
…ようやくマトモにそんな状態を規制する方向に向かったのかと思いきや、業界からは大反発。
これを知ってしまうと韓国の飲食店で物を食べることが出来なくなりますね。

誰が箸つけたかわからんようなものを、飲食店が普通に出す国って恐ろしい…
しかもそれでお金取るってどうよ!?
きゃー! ますます韓国嫌いに拍車がかかってしまった…
あ、これ以上嫌いになれないくらい嫌いだったわwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

May'n のクリスマスイベントに行ってきた

イベントは20日だったんだけど、夜行バスで行ったから更新が今日なのさ。
1日遅れのレポなんざ需要ゼロなので、ざっくり感想だけ。

鯛焼き語りすぎ&手がぷにぷに♪

…あ、新曲も公開してくれましたよ。はい。
なんか菅野さんに頼み込んで書いてもらった曲だそうで。
彼女の歌への熱い思いを聞いてると、自然と応援したくなってきてしまいます。
これが人徳なのか!?
実際いろんな先輩に可愛がられてそうですしね、彼女。

これからもどんどんメジャーになっていって欲しい子です。
応援してるよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明るいニュースなし

もうニュースが経済の暗い話で持ちきりです。
100年に1度の大不況という全然ありがたくない触れ込みは伊達ではありません。
住む所が無い・内定取り消し・派遣だけでなく正社員までも首切り…

前世紀の大不況の時には未曾有の大戦争が起こってしまいましたが、今世紀は大丈夫でしょうか?
半島国家が自棄を起こして大暴れしてくれなきゃいいんですが…
え?どっちの国かって? どっちも政治的か経済的かは別として危険水準にあるのは間違いないので、
どっちもですよ…

早く景気回復しないもんですかね。
とりあえずは世界的規模の信用縮小を何とかしなきゃ、ですね。
各国首脳の皆さん、頼みますよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失業者対策の一つのカタチ 大分県杵築市

派遣の大量解雇や内定取り消しが相次ぎ暗いニュースしかない経済ですが、そういった不況のあおりを食った人たちの為にハローワークや各自治体が色々と手を打っています。
寮を追い出された人たちの為に引越し資金の貸付をしてみたり、雇用促進住宅の紹介をしてみたり(これは不景気以前から存在していたようですが)といった具合ですね。

さて、そんな中で地元で再雇用先が見つかりにくいからという理由つきではありますが、自治体が直接雇用に乗り出すという例が出現。
最長1ヶ月で交代で3月まで、ということですが、果たして効果はいかほどあるのでしょうか。
記事によれば実家に帰る交通費すらないと言う人もいるそうで、そういった人の支援には確かになるでしょう。
曲がりなりにも働いていて、実家に帰る交通費すらないというほど貯蓄なし、というのはちょっと致命的な気もしますが。
ま、人それぞれ事情があるのでしょうから一概には偉そうなこと言えませんけどね。
しかし、雇用されてしまうと働かなくてはなりませんから、次の勤務先を探す時間取れるんでしょうか?
そこだけが気になります…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

面接

今日は某所職員の面接がありました。
…駄目かもしれんねー。あー。

今日はもう寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホール・オブ・ホールズ六甲

Cimg2209
神戸は六甲山にあるオルゴール博物館『ホール・オブ・ホールズ六甲』に行ってきました。
クリスマス直前のこの時期だけあって若いカップルだらけかとも思ったのですが、予想に反して入場者の主流は家族連れと熟年夫婦。
一人で突入したものの、余りさびしい思いはせずにすみました。
もっとも、さびしい思いをしなかっただけで、場違い感は微塵たりとも軽減されませんでしたがね!

さて、そんなホール・オブ・ホールズ六甲ですが、建物は非常に小さくて3階建て。
1階は殆どショップが占めていて、2階はカフェレストランとホール。
3階が小さな展示室となっております。
サイズ的には神戸の異人館と同じく非常にちっちゃくて、入場料1,000円は少しお高め。
見るだけなら、確かに高いです。
だがしかし、ここのいいところはその年代物のオルゴール達を実際に鳴らして聞かせてくれるところです!
約30分に1回オルゴール達の実演があるのですが、結構な数のコレクションなので、毎回違ったものを演奏してくれてかなり楽しめます。
実際私は色々聞きたくて、結局1時間半も滞在してしまいました。
ピアノとバイオリンの協奏とか、もう凄かったですよ。
動力はゼンマイから電動モーターまで色々あるのですが、全てが職人技で作られているところに粋さを感じますね。
何というか、ここに行くまでオルゴール(というか、機械式自動演奏機全般)をなめてました。
正直すまんかった。
電子オルガンの自動演奏とはまったく違った魅力がありましたね。

山の手にあるので車が無いと少しアクセスしにくいかもしれませんが、非常にお勧めのスポットだと思います。
皆さん、神戸にお立ち寄りの際は是非!

Piano 写真はお気に入りだった1台。
ピアノの自動演奏機です。
中央に見えている白い紙がオルゴール用の楽譜ですね。
アレを替えることにより色々な曲が演奏できるわけです。
ピアノ右側に見えているのはペダル調整部分です。
演奏時の動きもコミカルなので、聞くのも見るのも楽しめるなかなかに出来るヤツでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国 国民は共産党1党独裁にNo?

中国での1党独裁に対する不満が強まっているようです。
まぁ、共産主義を標榜していながら立派な拝金主義国ですからね。
金があるものが強く、また、貧富の差がすさまじいというどこのアメリカか、みたいな国ですし。
終身雇用とかが当たり前だった少し前の日本の方が余程共産主義的といえたのかもしれません。
※「中国は共産党の国であって、共産主義の国ではない」なんてことをどこかで見た気もします。

それにしても、四川大地震の大規模デモ以降、中国も結構国民が政府に対しモノを言うようになってきているように感じます。
こういう傾向が続き、さらに共産党に対する国民の不満が高まっていくと第二の天安門がおきるかもしれませんね。
当分先のことでしょうが、確実に中国も変容してきているような気がします。

…しまった、オチが無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国籍法 すでに申請が

日本国籍大安売り法こと改正国籍法の成立を受けて、早速適用の申請があったようです。
勿論懸念のあったように偽装認知ではなく、改正で本当に生活が助かる人もいるでしょうから、100%の悪法と言い切る気もありません。

しかし、それでもやはり偽装認知の恐れもありますし、正当に日本国籍を取得した人たちと合わせて大量の日本移住&生活保護申請とかがきたらどう対処するつもりなのでしょうかね。
社会保障費の増大が一つの問題になっているのに、増大の要因増やしてどうするんだか。

もし現実に国籍法改正による生活保護費増大が問題になたら、改正法に賛成した売国奴達の議員報酬減らして充当でもしてくれないと気が収まりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たけし 東條英機に

年末のTBSのドラマでビートたけしが東條英機役をやるそうです。
あまりイメージがかぶらないのですが、参照記事の写真を見る限り、確かに似ているような…?

いまだ毀誉褒貶激しく評価が定まらない感のある東條英機ですが、一体どのように描かれるのでしょうか。
個人的には「開戦時の首相でとにかく悪者」のステレオタイプではなく、プライドのような形で描かれればいいな、と思います。

解説文を読む限りでは結構期待できそうですけれどね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻生内閣 支持率21%

麻生政権が発足間もなくいきなり末期症状です。
前任2人が投げ出した後を引き継いだということで最初から先行きが不安視されていた政権でしたが、
まさかこうも早くボロボロになるとは思いませんでしたね。

失言やらがよく取り沙汰されていますが、真の問題はそこには無いと思われます。
不支持の原因はやっている事の意図がまったく見えない点。これに尽きるのではないでしょうか。
結果については賛否両論あるにせよ、小泉政権が支持されていたのは、「この目的の為にこの政策をやるのだ」ということをきっちりと有権者に伝えることが出来ていたからです。
だからこそ本来支持率が大きく落ちかねない「痛みを伴う政策」をおこなっても、有権者が「この結果のためなら仕方が無い」と納得していれたわけですよね。

ところが麻生内閣と来れば、打ち出す政策がまず「これやって効果上がるの?」と疑問を抱かれる時点でまず国民に不信感を持たれています。
更に首相自身の強い意志がどうにも見えにくい点。
これは福田さんにも言えることだったのですが、メディアの利用が下手。
大衆というものは基本的にプロパガンダに対し脆弱な存在です。
つまり、メディアを上手く利用すれば大衆の支持を集めることは比較的簡単なのですね。
ところが、テレビなどから見て取れる印象は「首相、つまりあんたは何がやりたいんだ?」というもの。
これじゃ支持が集まるはずも無いでしょう。
折角タダで言いたい事をみんなに伝えてくれるというのであれば、きっちりと利用しないと勿体無いですよね?
なのに報道では記者と喧嘩しているかのような映像ばっかり。
やれやれ、です。
20世紀最大の扇動政治家某H氏を見習えと言いたいくらいですよ、まったく。
彼の著書にはこうあります(抄訳かつ意訳なので詳しくはちゃんと原本を)。
『大衆は愚かで無知である。そしてすぐに忘れる存在である。だからこそ短いフレーズを何度も何度も繰り返し口にせねばならない』

とにかく、国民に「俺はこういう考えがあってこういう政策打ち出してるんだ!」ときっちり伝えてください、ということですよ。
発言の意図さえしっかりと伝わっていれば、多少言葉が過激でもそんなに叩かれないし、支持もある程度は集まりますから。
大阪府の某知事とかね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ルミナリエ

Photo
神戸の冬の観光名物ルミナリエを撮ってみました。
携帯だからちと画質悪いですけどね。
寒かったー。
しっかし、みんなお土産大量に買い込んでましたけど、一体どこが不景気なんでしょーかねー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

採用試験

さてさて、絶賛求職中のワタクシメでございますが、先日大阪市立大学の職員採用試験(筆記)を受けてきました。
今日がその発表の日だったのですが、なんとまぁ、受かってました。
いやー、試験で学生時代見向きもしなかった重力加速度云々とか、言葉しか知らなかった「ジニ係数」とか普通に出てきてもう駄目かと思ってたんですけど、なんとかなるもんですねー。
ちなみに実質倍率約6倍ですよ。なんか受かったのが間違いかとすら思ってしまったり。
ま、倍率20倍の某武道館チケットをガチで引き当てた幸運ですから、こういうこともあるんでしょうかね。
マークシート万歳

とはいえ、後2回面接があるわけですが、大丈夫なんだろうか…
今度は運は通用しなさそうなのですごく不安です。
はぁぁぁぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まめぐ ニコニコ動画に登場

まさかの本人登場にびっくり。
マクロスF ランカ=リー役だった中島愛(なかじまめぐみ)が「踊ってみた」を自身の新曲引っさげてニコ動に登場!
うーん、前のイベントをニコで生中継してた時も思ったけど、うまいことニコニコ動画を利用してますねー。
May'n大好きな人な私ですが、この動画を見てまめぐは可愛いことを再確認。
部長(May'n)は茶目っ気たっぷりで可愛いですが、この子はフツーに可愛い。
さて、DL先行販売の後のMaxi発売ですが、どれ位売れるんでしょうかねぇ。
部長の『メイン☆ストリート』と合わせて売り上げ同行が気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊アスキー

PC雑誌週刊アスキーの表紙に部長(ファン呼称)もといMay'nが表紙になっております。
実物の5割増で可愛くなっていて非常にビックリ。
…すごい失礼なコメントだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »