« 函館市は侵略者を迎撃中! イカール星人に負けるな、函館! | トップページ | どうする民主 世論調査で小沢代表辞任を求める声多数 »

北朝鮮 ミサイルを発射台へ

遂に北朝鮮がミサイルを発射台へ設置したそうです。
いよいよ発射も秒読みですね。
さて、そのテポドンと思われる物体ですが、弾頭部に覆いがされているらしいです。
弾頭部の大きさで人工衛星かミサイルかが判断できるらしいんですが、人工衛星ならば隠す必要ないですよね?
やましいことがないなら覆いなどせず堂々と弾頭部さらしていればいいのに…
既にこの時点で人工衛星ってどれだけ眉唾なのかと思ってしまいます。

発射を強行しようとする北朝鮮に対し、アメリカも態度を硬化させています。
戦後初の実弾射撃の可能性もある今回の事態ですが、日本がMDを使用するのはあくまで北朝鮮が発射に失敗し、日本国内に被害が出ると予想された場合のみです。
撃墜は戦争行為を意味する!と強気の発言をしている北朝鮮ですが、北朝鮮軍には弾道弾以外には戦力の海外投射能力はありませんし、撃墜に成功しているのであればMDの信頼性はある程度はあると考えられるので、飽和攻撃でもされない限り日本中に戦禍が及ぶ可能性もそう高くはありません。
なによりも、言葉どおり日本に向けてそんなものを発射した日には、日米安保条約の初発動という国家消滅の事態にもなりかねない結果を引き押すので、結局は脅しで終わるような気もします。

しかし、本当に考えなければならないのは発射後の対応です。
北と技術提携をしているイランが発射を成功させた事例もあるように、北の技術も前回と比べて向上しているでしょう。
どちらかというと今回は成功する確率の方が高いような気もします。
そうなると、成功した後日本は安保理決議違反としてどのように対処していくのか、また北の周辺国(中韓露)及びアメリカとどのように歩調をあわせていくのかが焦点になってきます。
現在報道ではMDに撃墜能力があるとかないとかそんなことばかり報道していますが、落ちてくるものを落とす能力はあり、飛び越えていく高度のものを落とす能力はないというのはスペックからしてもわかりきっていることです。
真に考えなければならないのは、発射という周辺国無視のウリナラ理論を振りかざす核保有国をどのように締め上げ、核保有を放棄させていくかということです。
ちょっと最近の騒ぎは「木を見て森を見ない」という感じがしないでもありません…

|

« 函館市は侵略者を迎撃中! イカール星人に負けるな、函館! | トップページ | どうする民主 世論調査で小沢代表辞任を求める声多数 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176182/28814730

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮 ミサイルを発射台へ:

« 函館市は侵略者を迎撃中! イカール星人に負けるな、函館! | トップページ | どうする民主 世論調査で小沢代表辞任を求める声多数 »