« ひゅうが竣工 海自へ引き渡し | トップページ | 小沢一郎勝利? 検察事情聴取見送り検討 &麻生総理演説 »

小沢一郎最後のあがき? 検察に対し徹底抗戦の構え

秘書の逮捕と、その対応から一気に有権者離れが進む民主党の小沢一郎ですが、どうやら何があっても辞任はせず、むしろ徹底抗戦の構えであるようです。
人のときは漢字が読めないと首相辞めろと大騒ぎする癖に、自分の秘書が逮捕されてもそ知らぬ顔で代表の座に居座る厚顔無恥さ。
トンネル献金は小沢氏直々の指示の臭いがぷんぷんしていますが、現時点ではまだ確定ではないのでさておき、仮に小沢氏が関与していないとしても野党の皆さんの大好きな「任命責任」って言葉をそっくり返したくてうずうずしてしまっている人は多いのではないでしょうか。

国民の大半が検察の捜査に政治性を認めていないのに「政権交代の邪魔をしている」と相変わらずの言いっぷりには首を傾げざるを得ません。
検察と徹底的に戦うそうですので、事情聴取なりを署で受けてがんばって戦ってください。
もし寂しいようでしたら断固支持らしい鳩山さんも一緒にどうぞ。
そういえば、小沢さんが辞めざるを得ない状況になったら、当然断固支持の姿勢を示していた鳩山さんも立場がなくなって失脚コースですよね。
民主の2大駄目政治家が消えてくれることになるわけですか…

検察の皆さん、がんばってー!
ついでに二階さんやら怪しい人たちも一網打尽で頼みます。

|

« ひゅうが竣工 海自へ引き渡し | トップページ | 小沢一郎勝利? 検察事情聴取見送り検討 &麻生総理演説 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176182/28699769

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎最後のあがき? 検察に対し徹底抗戦の構え:

« ひゅうが竣工 海自へ引き渡し | トップページ | 小沢一郎勝利? 検察事情聴取見送り検討 &麻生総理演説 »