« 海上警備行動発令 護衛艦ソマリアへ出航 | トップページ | 日テレ社長辞任 »

北朝鮮ミサイル問題 ~中国の場合~

いつも日本の立場からあーだこーだと世情を好き勝手言っているので、今日は少し視点を変えて中国の立場からの記事を書きたいと思います。
といってもお題は日本にも大いに関係のある北朝鮮なわけですが。

日本では麻生首相が強硬姿勢を引き続き表明してくれていて非常に心強いわけですが、北朝鮮最大の援助国である中国はこの件に関してどんな見方を示しているのでしょうか。
ひとつの指標となるのがこちらの記事です。
今回の件に関して、北朝鮮に非友好的な論調ですね。
ここで大事なのが、参照記事にもあるように『中国では政治的な意見の表明を当局が監視している。同文章の内容は、共産党などが容認する範囲内と考えてよい』ということですね。
この記事の見方が正しいのであれば、北が日米韓と対立するに至った場合、口先だけの遺憾表明で傍観する可能性も低くないと思われます。
果たして北朝鮮は最大の援助国を敵に回してまで冒険的な瀬戸際外交を続けるのでしょうか?

北朝鮮は無茶をするようでその外交成果を非常に緻密に計算していると言われています。
現実的にものを見られるのであれば、発射は自殺行為に等しいという結論に達してもよさそうなのですが…
北朝鮮指導部の賢明な判断を期待します。

全然話題は変わりますが、アメリカで食品医薬局の局長さんにハンバーグさんという人が起用されるとか。
…なんか名前がぴったり?

|

« 海上警備行動発令 護衛艦ソマリアへ出航 | トップページ | 日テレ社長辞任 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176182/28637499

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮ミサイル問題 ~中国の場合~:

« 海上警備行動発令 護衛艦ソマリアへ出航 | トップページ | 日テレ社長辞任 »