« とてつもないチャベス? 人気上昇率46万%超 | トップページ | SMAP 草なぎ 公然わいせつで逮捕 »

議員の世襲制に思うこと

最近世襲議員の是非についてよく聞くようになりましたが、どうしてこう日本人と言うのは「世襲はいけないから規制してしまおう」という極端な方向にしか走れないのでしょうか。

世襲議員が嫌われる場合の理由の多くは「名前に頼ってロクな仕事をしない」ことです。
世襲議員すべてにNoと言う人たちは、世襲でなければ政治のイロハも分からないど素人が「国会議員です」と名乗っても問題ないと考えているのでしょうか。

世襲であろうが何であろうが、選んでいるのは「我々」国民です。
少なくとも民主主義という看板がまともに機能しているのであれば、ですが。
無能な上に親の名前に胡坐を書いて偉そうにしている世襲議員は勿論批判されるべきですが、またそういった人物を国政の場に送り込んでしまった国民自身も批判されなければなりません。
今回のような議論は、自分たちの見る目のなさを棚に上げて自分たちが担ぎ上げた人物を落としているだけのような気がします。

民主主義とは、選ぶ国民自身がある程度のレベルに達していないとまともに政治が機能しないという、非常に危険な政治制度です。
しかし、それでも自分たちで政治家を選ぶことができる、という1点のみで他のすべての政治制度に勝れる素晴らしい制度だとも思います。
かのチャーチルもこんなことを言っていましたよね。
「民主主義は最悪の政治といえる。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治体制を除けばだが」

とにかく、民主主義最大の利点である「自分たちの指導者を自分たちで選べる権利」を狭めるような制度が賞賛されること自体この国の民主主義の未成熟さを物語っているのではないでしょうか。
本来であれば「あの人は世襲と言うだけで何の政治信念も、理想も能力も何もない。ならば次の選挙では票を入れずに落選させてしまおう」という風にならなければならないのだと思います。
世襲議員でもきちんとした仕事をしている人もいるでしょうし、結局その判断は我々有権者がしなければならない仕事なのです。
昨今の投票率の悪さを見えると、自分たちでその仕事をしていない人が多すぎやしないでしょうか?
それなのに流れに乗って批判する人間のなんと多いことか。
無能な世襲議員が跋扈する今の状況は「誰が選んだのか」もう少しきっちりと考える必要があると思います。

まだまだ色々書き足りませんが、長くなったのでとりあえず今日はこの辺で。

|

« とてつもないチャベス? 人気上昇率46万%超 | トップページ | SMAP 草なぎ 公然わいせつで逮捕 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176182/29228165

この記事へのトラックバック一覧です: 議員の世襲制に思うこと:

» 世襲でなにが悪い、 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
 タレント知事がもてはやされて、地方の時代なんて浮かれているけれど、石原都知事をふくめてもタレント知事なんて片手で数えられるほどの少数派だ。圧倒的な多数は、中央官僚出身だ。数年間を出身地の副知事として出向し、知名度を築いてから知事選に出馬する。もちろん、出身官庁が予算ぐるみのお世話をする。わたしの住む静岡県では、現職の石川嘉延は自治省出身で、ちかく静岡空港完成のめどを立てて引退する。空港建設での立ち木伐採でミソをつけての引責辞任だが、この空港は赤字必至だから後継知事は苦労することになる。原...... [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 18時30分

« とてつもないチャベス? 人気上昇率46万%超 | トップページ | SMAP 草なぎ 公然わいせつで逮捕 »