« 新型インフルエンザ 修学旅行生には大迷惑? | トップページ | 台湾からマスクが贈られる »

世の中はやっぱり安定志向? 日本年金機構採用倍率12倍

 雇用の不安を受けてか、一時期もてはやされた実力主義から安定志向への回帰の流れは確実なようです。
昨年では各所の市役所への採用へ応募者が殺到し、報道によれば100倍という市もあったようですが、今年もその流れは健在。
社保庁の後継組織として来年から発足する日本年金機構に対しても応募が殺到し、倍率も12倍に上る勢いだとか。

昨今の情勢が不安なので安定しているところに勤めたいという気持ちは分かりますが、「公務員は楽だろう」とかいう理由で応募するのは避けて欲しい気がしますね。
給料は税金から出ているわけですから、公僕としてしっかり真面目に働いて欲しいものです。
公僕意識が欠如していると、前身の社保庁のように万人から批判されるような事件が頻発することになるわけですから。
そういった意味では、社保庁から継続雇用される人員のうち、約2割が何らかの内部処分を受けているというのは非常に不安なところではありますが。

何より、年金の納付率を上げないと将来の年金制度崩壊は必至ですからね。
きっちり仕事をして信頼回復し、納付率向上につなげて欲しいものです。
ちなみに、こっそり応募してますww

|

« 新型インフルエンザ 修学旅行生には大迷惑? | トップページ | 台湾からマスクが贈られる »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176182/29705916

この記事へのトラックバック一覧です: 世の中はやっぱり安定志向? 日本年金機構採用倍率12倍:

« 新型インフルエンザ 修学旅行生には大迷惑? | トップページ | 台湾からマスクが贈られる »