« 党首討論 13日に実現か? | トップページ | オリコンでけいおん!の勢いがとまらない! »

文学界新人賞にイラン人女性

 第108回文学界新人賞にイラン人女性の作品が選ばれたそうです。
外国人からすれば日本語は助詞の使い方などが難解らしいのですが、きっちりとした日本語で小説を異国の方が書くというのは並大抵のことではないと思います。
口語であれば簡単な「てにをは」レベルの間違いはフィーリングで理解できますし、意思の疎通にはそう大きな不便をきたすことはありませんが、文学作品における「てにをは」の誤りは致命的ですからね。

 とりあえずはその快挙に素直に賛辞を送りたいと思います。 
日本人として、わざわざ母国語以外の言語で小説を書いてくれようとしたのは非常にうれしいですね。
こういうことをきかっけにイランとの文化交流が盛んになってくれればと思います。
さしあたっては北と提携して核技術開発と弾道弾開発をするのをやめて欲しいところですけれどね。。。

|

« 党首討論 13日に実現か? | トップページ | オリコンでけいおん!の勢いがとまらない! »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176182/29513033

この記事へのトラックバック一覧です: 文学界新人賞にイラン人女性:

« 党首討論 13日に実現か? | トップページ | オリコンでけいおん!の勢いがとまらない! »