« 民主党 代表戦は鳩山 vs 岡田 | トップページ | 民主党代表選討論会 »

ニュースを扱うブログについてよく思うこと

 書いた記事のTB先探しや、他の人が同じ事象についてどういう風に考えているのか知りたくてニュースを扱うブログを巡回することが多いのですが、その時よく思うことがあります。

 それは参照記事(新聞社の元記事など)をそのまま転載しているだけのブログって、一体何を意図しているのかな?ということです。
ニュースについて知りたいのであれば読売なり産経なり朝日なり、ニュースサイトに行けばその記事が読むことができます。しかも、その該当記事以外の大量の記事も一緒に。
と、いうことはです。
記事を転載しているだけのサイトの存在意義はどこにあるのかな、と。

 ある事象を考えたり伝えたりすることにおいて、一次資料を明示することは非常に大事です。
一方で、議論を呼んだり色々考えを発展させるためには多方面からの考察が必要不可欠となってきます。
そしてその出発点はまず「自分の考えなりスタンスを明示する」というところにあるのではないでしょうか。
一つの考えがあるからこそそこに賛同や反対の意思表示が生まれ、話が進んでいきます。
ニュースを扱うブログで、ある記事を転載するということは、少なくともその作者がその記事に対し重要性や社会性を認めているということでしょう。
それなのに自分の考えなり感想なりが一言も入っていないというのは勿体無いことこの上ありません。

 自分の考えに対する反応が賞賛や賛同ではなく「何を馬鹿なことを言っている」「論点がずれている」という反対意見でもいいじゃありませんか。
そういった考えがあることを知るということで、自分の視野が広がったり新たな観点が見つかることだってあるんですから。
折角ブログという情報発信する場を設けたのであれば、最大限利用しなければ損というものです。
ということで、「自分の意見」を述べたブログがもっと増えてくれればいいな、と思った次第でした。

 一応そういう考えでやってますので、私も色々拙いながらもニュースについて所感を色々書いています。
賛同、反論なんでもいいのでコメントなりTBなりしてくださると喜びます。
…要はコメントとかしてくれるとうれしいな、という誘い受け記事でした。
つまんないオチでゴメンナサイ。

|

« 民主党 代表戦は鳩山 vs 岡田 | トップページ | 民主党代表選討論会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176182/29607696

この記事へのトラックバック一覧です: ニュースを扱うブログについてよく思うこと:

« 民主党 代表戦は鳩山 vs 岡田 | トップページ | 民主党代表選討論会 »