« 対北朝鮮制裁決議案 遂に合意 | トップページ | 千葉市長選 民主支援候補が当選 »

鳩山総務相 辞任

日本郵政の社長を巡った問題で、鳩山総務相が辞任(更迭)しました。

かんぽの宿売却問題をはじめ、色々と疑問符がつくことの多かった日本郵政の行動ですが、最終的には西川社長の辞任を求めていた鳩山総務相自身が辞任するという形で決着がつきました。
鳩山さんの言い分が正しいのか西川社長続投が正しいのか残念ながら私では判断する材料を持ちませんが、一つ確実なのは、この一件は政権にとって良い影響を与えることはないということです。

国民に対しては、問題がクローズアップされているのにもかかわらずなかなか最終的な決断が下されなかったことで首相の指導力に対し疑問を持つ人が増える可能性が考えられます。
一方、与党にとってはどちらを処分するにしても郵政族や鳩山派などそれぞれの支持層から反発を買う結果になり、総選挙前に無駄な分裂を引き起こす可能性があります。
特に鳩山氏は首相に近い存在だったので政権内部でも色々と動揺が起こるでしょう。
そして、野党にとっては政権内のゴタゴタは格好の攻撃材料となります。

今回の件はどのような結果に落ち着いてもダメージが残る話ですので、どうせ結果が同じならば傷が浅いうちに対処した方が良かったのではないかと思います。
正に「巧遅は拙速に如かず」ですよね。

|

« 対北朝鮮制裁決議案 遂に合意 | トップページ | 千葉市長選 民主支援候補が当選 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176182/30077351

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山総務相 辞任:

« 対北朝鮮制裁決議案 遂に合意 | トップページ | 千葉市長選 民主支援候補が当選 »