« ヒトラーの未公開カラー写真 | トップページ | 鳩山総務相 辞任 »

対北朝鮮制裁決議案 遂に合意

北への強硬路線と慎重路線の調整に手間取っていた国連制裁決議案ですが、ようやくまとまった模様です。
詳細はもう少したたないと分からないようですが、北朝鮮がこれに反発するのは必至でしょう。
すでにミサイル発射実験を想定してか黄海への航行警報も出していますし、更なる挑発行為にエスカレートするのは火を見るよりも明らかです。
中露は「仕方無しに」制裁決議案に賛成している感じもしますが、北朝鮮の更なる暴発行為を経てもこの姿勢が維持できるのでしょうか?
今回の制裁決議案よりも、むしろ今後の中露の反応の方が楽しみではあります。

話は変わりますが、今回の北の挑発のお陰でようやく過剰軍縮の動きに歯止めがかかりそうですね。
周辺国家の軍事費が増大の一途を辿っているのに、日本だけひたすら防衛費削減というおかしな状況だったのですが、与党が防衛費増大を政府に提言したりと、少しはこの動きが是正されそうです。
普通に考えたらPAC3改良や配備数増大、更には次期F-X(仮にF-22が調達できたとしてもF-35になったとしても)の調達と、思いつくだけでも防衛費はいくらあっても足りません。
おまけに話題になっている敵基地攻撃能力の付与まで考えると、巡航ミサイルの開発費まで計上しなくてはなりませんから、一体どれだけのお金がいるのやら。
こういうことを考えても、防衛費の増大は至極当然といえるでしょう。

問題は、大規模財政出動で赤字が大幅にかさんでいるのに、どこから防衛費増大分の財源を調達するかということ。
民主党みたいに「効率化すればひねり出せる」みたいな絵空事で財源確保が出来るなら万々歳ですが、残念ながら現実はそう単純でもありません。
このあたりは政府がどのように対応するか見ものだと思います。

|

« ヒトラーの未公開カラー写真 | トップページ | 鳩山総務相 辞任 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176182/30048623

この記事へのトラックバック一覧です: 対北朝鮮制裁決議案 遂に合意:

« ヒトラーの未公開カラー写真 | トップページ | 鳩山総務相 辞任 »