« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

バンキシャ捏造問題で日本テレビにBPOが勧告

えーと、記事通りです。

これを機に恣意的な偏向報道なども是正されるといいんですが…
どうせ期待できないんでしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「放課後ティータイム」がキャラソンとして初のオリコン1位獲得

放映終了後も番外編新作(DVD・Blu-rayの最終巻に収録予定)が決まるなど、根強い人気を誇る「けいおん!」ですが、先日発売された劇中ボーカルアルバム(厳密には劇中未発表曲も含まれますが)がなんとオリコンで週間1位に輝いてしまったそうです。

歌で世界や宇宙を救ってしまうマクロスですら成し遂げられなかった快挙をのほほん女子高生達が達成してしまいました。
やはりどこの世界でも「かわいいは正義」なわけですね。

それにしても一昔前では考えられなかったような結果です。
勿論CDの売上数自体が減っているためランキング上位に進出しやすくなったというのもあるでしょうが、J-POP以上の競争力をアニメ業界がつけているという見方も出来ます。

民主党やマスコミは国立メディアセンターについて「アニメの殿堂」だと揶揄しておりますが、こういった競争力のあるコンテンツを国がバックアップして振興を図ることに何の問題があるんでしょうか。
もちろん既存の産業の競争力強化も必要ですが、伸び白がたくさんある産業の成長を促すのは政府の仕事でもあるのではないでしょうか。
夢ばかり見ている画餅マニュフェストをぶち上げている暇があるなら色々現実的な方向で国の行く末を考えて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばっさりだー! スウェーデン首相と5歳児

スウェーデンの5歳児が首相に実に子供らしい手紙を書いて送ったそうです。
その内容とは「キャンディーを売るのを禁止してください。そうしてくれたら無駄遣いしなくて別のおもちゃとかを買えるからです」だとか。

よくあるパターンなら首相がユーモアあふれる回答をしてほのぼの…という流れになりそうですが、記事にもあるように首相の返答は「必要ないなら買わなきゃいい」と至極まともながら味気ないもの。

なんでしょうねぇ、この正しいけどなんか釈然としない感じはww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本版ボートマッチ

 さてさて、総選挙まで後約1ヶ月なってきております。
皆さんは投票政党をどのようにして決めているのでしょうか?
「脱官僚政治」の掛け声だけで踊らされると、「郵政民営化か抵抗勢力か」というスローガンに乗って他の政策をよくチェックしなかった小泉時代のようになりかねません(不良債権の処理など、勿論素晴らしい功績も残しましたが反面社会格差の拡大という問題も招いてしまった、など)。

でも、各政党がどういう政策を掲げているか一々確認するのも面倒だ、というのもわからないでもありません。
そんなときに役立つ(?)のが読売新聞のサイトにある「日本版ボ-トマッチ」です。
自分の考えに近い政党が一目で分かるようになっています。
なかなか面白いので、次回総選挙に行くつもりの方は是非一度やってみてください。
もしかしたら、投票しようとしている政党はあなたと正反対の考え方かもしれませんよ…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自民党ネットCM プロポーズ編 が好評

自民党がYou Tube にUPしたネットCMが好評の模様です。
みもふたも無い言い方をしてしまえばネガキャンに分類できてしまう類のものだと思います。

いくら普段からマスコミや民主のネガキャンに辟易していたといっても、こちらが同じような程度の低い次元に下がる必要はない、と思いたいのですが、残念ながら(喜ばしいことに?)このCM事実そのものだったりするからたちが悪いw

「とるに足らないこと」をいちいち上げへつらって批判するのがネガキャンなんですが、民主党が前面に打ち出していることをフツーに列挙したらああなってしまったと言うのがなんとも酷い話です。

昨今のゴタゴタを見ていると自民には「下野」を契機として真の保守政党として再建して欲しいところですが、改めて民主の政策を考えるとまだまだ下野させるわけにはいかないという思いを強くしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミラクル・アッパーWL/奥井雅美 feat. May'n

 表題の曲ですが、今日ニコ動の「とりあえず生中(仮)」で1部が流れていました。
一部だけしか聞けませんでしたが、物凄くカッコいい曲でかなり期待できそうな予感です。

…アニメの絵柄との温度差の凄さはちょっとアレでしたが、これが部長の好きな「ギャップ萌え」っちゅーやつなんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイケル 生前のリハが映画化へ

売国マスコミは衆院解散で「すわ民主党政権誕生か」と色めき立っておりますが、そちらは無視で別のニュースをば。

先日急死したマイケル・ジャクソンの英公演リハが記録されていたというニュースがありましたが、どうやら映画化される模様です。
約47億円で配給権を獲得しようとしているソニー・ピクチャーズが最有力らしいですが、全世界規模でファンが殺到すると思われるのであっというまに47億円なんか稼げてしまうでしょう。

10月公開予定らしいですが、日本での公開はいつになるでしょうね。
非常に楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16年越しのラブレター

ちょっとした運命のイタズラで届かなかったラブレターが16年越しで届いたそうです。

詳しい内容は参照記事を見ていただくほうが早いのですが、なんともロマンチックな話ですよね。
3流の政局(「政治」ではない)劇と犯罪劇ばかりが強調される昨今ですが、日本に関係の無い海外のニュースでも、こういうものも報道してくれればなぁ、と思います。
そんなに時間もかからないし、ちょっと癒やされるのに、と思うのは私だけでしょうか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かみなり

今神戸地方では雨が降っております。
稲光も頻繁にあり、暑い夏の夜の一服の清涼剤になっていてうれしい限りです。

ただ、ネタを探してネット上を徘徊している間に落雷の影響か2度もPCが強制再起動するハメになりました。
面白いネタもまだ見つかっていませんが、落雷の影響でPCがクラッシュするのが怖いためにもう寝ることにします。

雨は音だけだと涼しげでいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インド版フォルクスワーゲン タタ・ナノ発売!

信じられないような価格設定(現在の日本円で約22万円)で構想当時は業界他社から「実現不可能」とまで言われたインドの「タタ・ナノ」が遂に発売になりました。

エンジンの排気量で言えば日本の軽自動車クラスの能力で、助手席側のドアミラーをつけなかったり、オーディオやエアコンをオプション装備にすることで徹底したコストダウンを図っています。
現在インドで一般的な「足」としているバイクの2倍程度の値段できちんと家族で乗れるものを作ってしまう辺り、素直に感心せざるを得ません。
現在は安全基準の関係からインド国内でしか販売できない(仮に出来たとしても国内の納車待ちでそれどころではないでしょうけれど)ようですが、欧州仕様車が先日衝突テストをクリアしているようですし、タタが目標としている2010年の欧州市場投入の暁には自動車市場がどのように反応するか非常に楽しみです。

さてさて、コストパフォーマンスは非常に良さそうですが、市場は乗り心地とコストパフォーマンスのどちらを優先するんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社民党 政権公約発表

 朝鮮大好き福島みずぽ党首率いる社民党が政権公約を発表しました。

なんだか物凄く手厚い社会保障(最低賃金自給1000円以上とか)を打ち出してますが、どう考えても無理だろう、これ。
そりゃ確かに自給1,000円になればバイトで食いつないでる失職者や学生は大いに助かるでしょう。
でも、自給1,000円とかにしたら外食産業はじめ多くの企業が経営立ち行かなくなるのは火を見るより明らかです。
そうなると結局企業は人件費を圧縮するために雇用を削減するしかなくなるので、より酷い状況になってしまいます。
それでもとりあえず100歩譲って仮に政府が補助金出してそこはフォローするとしましょう。
でも、他の大盤振る舞いの社会保障までもを合わせた財源は?

それで、財源の方に目を向けると「防衛費見直し・思いやり予算廃止」とかいう恐ろしい文字が。
北が核兵器とかいう極めて危ないおもちゃを弄んでるときに何を寝言言っているのかと。
確かに思いやり予算はどうかとは思うものの、かといって駐留米軍に出て行かれた場合日本独力ではやはりイマイチ防衛力に不安が残ります。
そもそも廃止した場合、防衛力云々だけでなくアメリカとの関係悪化は避けられません。
結局、防衛費と合わせた「必要経費」なわけです。
削りたくても削るわけには行きません(防衛費も同様。ないに越したことはないものの、周辺国の脅威が高まる今はむしろ増額した方が良い)。
北への抑止力としてアメリカを始めとした各国との連携をより高めなければならないのに、敢えて関係を悪化させるような政策を政権公約って…
つくづく頭の中すっからかんな政党です。

こんなんが民主党が政権握ったら連立与党ですよ。
もうお先真っ暗な気がしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガダルカナルで玉砕戦があったんですって?

衆院の解散に対して小池元防衛大臣が「ガダルカナルに行くようなものだ」と皮肉ったそうです。

まぁ、いわんとするニュアンスはなんとなく分かるのでとやかくは言いませんが、とやかく言いたくなるのはその発言に対する朝日新聞のコメント。
ガダルカナルの玉砕戦? は? 何それ?
普通日本でいう「玉砕」とは降伏をせずに戦い切って全滅することを意味するわけですが、ガダルカナルは降伏もしていませんし、全滅もしていません。
戦力の逐次投入や補給の失敗などで戦死者・餓死者は多数出しましたが、1万名以上の将兵が救出されております。
この記事書いた朝日の記者って「玉砕」の意味分かってるんですかね?

とりあえず朝日には問い合わせしときましたけど、どうせ黙殺かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元自衛官が郵便強盗を捕まえる

北海道で元自衛官が郵便強盗を捕まえたそうです。
なんとも頼もしい話です。

どうも最近は自衛官や警察が盗撮したり痴漢したり淫行したり…といったニュースばかりが目立っていたような気がするので、こういう久方ぶりのニュースにはほっとします。
そーゆーことやっちゃうのはごくごく一部で、大半の皆さんは真面目に職務に精励してるんですよ!

警察や自衛隊の皆さん、日々のお勤めお疲れ様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都議選 民主党が第1党に

…日本も終わりだなぁ。
民主党支持してる人たちって本当に民主党の政策理解して支持してるんだろうか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラクエIX(9) 遂に発売

スクエニのFFシリーズと並ぶ看板タイトル「ドラゴンクエストIX(9)」が遂に発売となりました。
早速データが流出した、とよくないニュースも聞きますが、とにかく売れている模様です。
DS持っていないので波には乗れませんが、公式HPを見る限りは非常に面白そうな雰囲気です。
過去1大ブームを巻き起こしたドラクエ3っぽい要素が多いような気がしたのは私がオジサンだからですかねー?

業界的にはマジコンとのイタチゴッコが懸念されているようですが、こればかりはプロテクト技術を向上させるより他ない様な気がします。
既に存在し、流通しているマジコンを全て撤去することは現実的に見て不可能ですし、既に持っている人間に対して「やめろ」と言っても、違法だと分かりつつもやる気で持ってるんですから言っても無駄でしょうしね。
対マジコン用のウィルスとか開発してマジコン使えなくするようにしちゃうってのは流石にあくど過ぎますかねぇ?
なんかお隣の国では実際そういう問題が起きて「任天堂の陰謀ニダ」とか騒いでたことがあった気もしますが(朝鮮日報か何かのサイトで見た気もしますが、うろ覚え)。
はてさて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EVA「破」 をようやく見てきた

絶賛上映中のEVA「破」をようやく見てまいりました。
いやー、凄かった。
戦闘シーンが迫力満点だったのは「序」のラミエル戦でも実証済みでしたが、ストーリーのテンポ運びが半端なく良かったです。
冗長にならず要点はきっちり抑えて、そしてスピーディー。
なんか言ってることが分けわかんなくなってますが、要は製作陣GJ&乙ということです。

ネタバレになるので詳しいストーリー内容には触れませんが、レイが感情を表に出す様子が非常に丁寧に描かれていて好印象でした。
アスカはなんだかツンデレ度に磨きがかかっていたような…?
そして、妙に雰囲気が色っぽくなっていた気がします。個人の趣味かもしれませんがw

早く続きが見たーい!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

世界最古の手書き聖書が公開

世界最古(1600年前)の聖書がweb公開されたとのことです。
1600年前というとローマ帝国でキリスト教が国教化されたのとほぼ同時期にあたります。
内容も今のものと違う箇所や今では正典に含まれないものも含まれているということですし、キリスト教内での「キリストの教え」の解釈の変化などをうかがいしることの出来る超1級史料なのではないでしょうか。

もっとも、ギリシャ語で書かれているので英語をなんとなく読めるレベルでは「眺める」ことしかできないわけですが。
それでも歴史を感じてみたい!という方は公開サイトへ!
ちょっと重いですが、一見の価値はあると思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

専門書の高さに悩む

以前ピープスの日記の時にも少し触れましたが、専門書の値段が高すぎて欲しくてもなかなか手が出せません。orz
漫画やライトノベル、小説の類と違って本当に興味があったり好きな人しか買わないので普及版みたいな値段じゃ売れないのも分かります。
それでも、10,000円超えるってのは流石にやりすぎだと思うんですよ。。。

宝くじ当てるしかないのかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっといい話? 韓国大統領が苦学生のために全財産寄付

自らも苦学生だった韓国の李明博大統領が自宅以外の全財産を奨学事業のために寄付するそうです。
大統領選の際の公約(政治と全く関係ない事が公約なのは何故か、ということについては突っ込まないことにします)でもあったらしいのですが、なかなか思い切ったことをする人ですね。
大統領任期満了後どうやって生活していくのかは知りませんが、自分の商才があれば全然問題ない、という自信の表れなのでしょうかね?

できれば美談のままで終わらせて欲しいものですが、前職大統領みたいに色々と黒いお金が明るみになって「美談をかくれみのにした黒いお話」にならないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静岡県知事選でまたも自民敗北

自民党… ぱりっとしませんねぇ。
マスゴミどもの中傷にオタオタせずどっしり構えていればいいのに、下手に人事いじろうとしたりと妙な動きばかりが目だってちょっと呆れてます。

鳩ぽっぽも口先だけでシャンとしていないんですから、こういう時こそ泰然自若としていれば頼り甲斐がありそうに見えるのに。
まぁ、呆れつつもそれでも砂上の楼閣然とした理想論しか語れない民主よりはマシなのはわかるので自民を支持しますが…

今の政治的閉塞状況何とかならないものですかねぇ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮 案の定ミサイル挑発 ~7発発射~

はい、大方の予想通り北朝鮮がアメリカ独立記念日にミサイルの大盤振る舞いをしてくれました。
もう各国も「またか」という感じで呆れながら対応している感じもしますが、地対艦ミサイルに始まり、弾道ミサイル発射まできてしまいました。
こうなると次の金主席の15回忌には核実験で先軍政治の成功アピールがなんとなく予想できてしまいます。
しかし、もしも本当に核実験をしてしまえば、関係各国から更なる批判を浴びることも間違いありません。

さて、北朝鮮の次なる狙いは…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愚痴

 今日荷物の仕分けのアルバイトに行ってきました。
ラインに流れてくる荷物を仕分けていく(ちなみに、確認・仕分けとも全て人力)のですが、ラインが住所コードの偶数列と奇数列に分かれてたんですね。
で、流す係の人が偶数・奇数かを確認してラインに流していくんですが、どうも流す部署の人の中で偶数・奇数の区別がつかない人がいた様で。。。

奇数ラインに偶数の品物が流れてくるわ流れてくるわでちょっとイライラしてしまいました。
正直誰でも出来る単純労働が売りなのに、それすら出来ないってどういう了見か!
だからどうってことはないのですが、ちょっと腹が立ったので、つい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮 地対艦ミサイル連射

 北朝鮮が宣言どおりミサイル発射演習を行いました。
前々から軍事演習するぜと言っていたので、地対艦ミサイルを発射したこと自体は別にどうこう騒ぐべきことだとは思いません。
むしろ、このミサイル発射で周辺国が警戒を厳にするだけで、動揺しないことに業を煮やした北が更に過激な手段に訴えることの方が心配です。
今回のことよりも各所で予想されているアメリカの独立記念日や故金主席の命日にこそ大きな動きがあると警戒すべきではないでしょうか。

我が国にとって一番の脅威である核実験だけは避けて欲しいところですが、仮に核実験をされたとしても今の日本には打つ手がないというのが歯がゆいところです…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国歌に起立しない教師は辞めるしかない!らしい

埼玉県の上田知事が「国歌斉唱の際に起立しない教員は辞めるしかないのではないか」という趣旨の発言をしたそうです。
日教組に牛耳られ、国家を歌わないのがカッコいいみたいな風潮があったゆとり教育時代を考えるともう拍手喝采したくなるような発言です。
私立ならまだしも、公立学校の教員は「公務員」であり、国の方針に従わねばならない存在です。
記事中でも触れられている通り、式典で国旗掲揚と国歌斉唱を生徒に指導することは学習指導要領で定められています。
それなのに教師自らそれを拒否するということは、子供に対して「たとえ決められたことであっても自分の意に沿わないことであれば従わなくて良い」と率先して示しているのと同じことではないでしょうか。
そりゃそんな馬鹿げたスタンスの教師がいれば当然学級崩壊も起こりますわね。

さて、自称良識派のプロ市民の皆さんはこの件にどのように反応するのでしょうか。
ちょっぴり気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »