« 元自衛官が郵便強盗を捕まえる | トップページ | 社民党 政権公約発表 »

ガダルカナルで玉砕戦があったんですって?

衆院の解散に対して小池元防衛大臣が「ガダルカナルに行くようなものだ」と皮肉ったそうです。

まぁ、いわんとするニュアンスはなんとなく分かるのでとやかくは言いませんが、とやかく言いたくなるのはその発言に対する朝日新聞のコメント。
ガダルカナルの玉砕戦? は? 何それ?
普通日本でいう「玉砕」とは降伏をせずに戦い切って全滅することを意味するわけですが、ガダルカナルは降伏もしていませんし、全滅もしていません。
戦力の逐次投入や補給の失敗などで戦死者・餓死者は多数出しましたが、1万名以上の将兵が救出されております。
この記事書いた朝日の記者って「玉砕」の意味分かってるんですかね?

とりあえず朝日には問い合わせしときましたけど、どうせ黙殺かなぁ。

|

« 元自衛官が郵便強盗を捕まえる | トップページ | 社民党 政権公約発表 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176182/30560342

この記事へのトラックバック一覧です: ガダルカナルで玉砕戦があったんですって?:

« 元自衛官が郵便強盗を捕まえる | トップページ | 社民党 政権公約発表 »