« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年9月

どこの国でも第二次世界大戦の話題は火種になる?

日本では靖国が戦争責任問題としてメジャー(?)ですが、ヨーロッパではスターリンとヒトラーがそれにあたります。
敗北したヒトラーは「悪者」レッテルですみますが、勝利者でかつ独裁者だったスターリンの場合はなかなか複雑です。
それが特にヒトラーとスターリンの手によって分割されたポーランドであればなおのこと
ま、フツーは自国の指導者だった人間をこれでもかとばかりに悪く言いませんよね。
日本とか日本とか日本を別にして。

なお、基本的にポーランドは独ソどちらにも組せず独自の中・東欧ブロックを形成しようと目論んでいたというのが一般的な学説です。
ソ連の主張どおりドイツと組んでロシア侵攻なんて考えていたら1938年の時点でドイツと同盟組んでますって(1938年にドイツがダンツィヒの返還だけで領土問題に決着をつけるので防共協定に加入するよう打診しています)。
チェコとも外交官問題で関係こじれてるみたいだし、ロシアの外交大丈夫なんでしょうか?
鳩山友愛外交よりはマシなんでしょうけれど…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »